ドーパミンとセロトニン

歩きたい、動きたい、眠りたい、スッキリしたい人のための情報まとめサイト

朝はスッキリ目覚め、大地を踏みしめてゆったりと散歩。昼間は元気に動き回り、夜はグッスリと安眠。いつも心の安定を保ち、楽しく笑って過ごしましょう。

ドーパミン不足

ドーパミン不足が原因の典型的な病気がパーキンソン病です。これはドーパミンを生成する脳の黒質細胞が減少して生成されるドーパミンが減るので、身体が思うように動かなくなったり、やる気がなくなったりするものです。また、それ以外の病気や症状でもドーパミン不足は発生することがあり運動機能が減少したり元気がなくなったりします。

 

パーキンソン病

パーキンソン病を発症すると震えたりうまく身体を動かせなくなったりします。

意欲が落ちる

物事に取り組む意欲が落ちます。

セロトニン不足 (メラトニン不足)

セロトニンは脳内で生成されてこそ神経伝達物質としての機能が果たされ、ドーパミンとの微妙なバランスを取ることができます。しかし、そのほとんどは脳内以外で生成されるために脳に到達できずもともと不足がちな傾向があります。また、女性は男性より不足しがちだという報告があります。

 

セロトニンが不足すると精神的な安定性を保つことが出来なくなってしまいます。その一例が、ウツ病です。

 

セロトニンが不足するとその機能に連動しているメラトニンも不足がちになるので不眠やそれによる体調不良を起こす要因となります。

 

うつ病

ウツ症状が現れたりします。

 

不眠は健康を崩すもとで

不眠は健康を崩すもとです。

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗