ドーパミンとセロトニン

歩きたい、動きたい、眠りたい、スッキリしたい人のための情報まとめサイト

朝はスッキリ目覚め、大地を踏みしめてゆったりと散歩。昼間は元気に動き回り、夜はグッスリと安眠。いつも心の安定を保ち、楽しく笑って過ごしましょう。

ドーパミンの働き

ドーパミンはLドーパを直接の材料にして脳内の黒質細胞によって生成されます。このドーパミンは神経伝達物質と呼ばれ、大脳の指令を身体の各所に伝える重要な役目があります。

 

分り易く言うと、運動機能であれば「手を動かせ!」「脚を動かせ!」といった命令です。これを受けて筋肉が動き適切な運動をすることができます。

 

また、心の部分では「やる気」「勉強」など興奮や高揚に関係します。このようにドーパミンは運動機能と積極性を助ける働きをするとても大事な物質です。

セロトニンの働き(メラトニンの働き)

セロトニンはトリプトファンを材料にして生成されます。これも神経伝達物質として機能しますが、そのためには脳内で生成されなければなりません。セロトニンの役割は、ドーパミンと対照的で精神の安定、落ち着き、鎮痛などにかかわります。

 

また、セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促し、ぐっすりと穏やかな眠りを与えてくれます。

 

ムクナ豆

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗