ドーパミンとセロトニン

歩きたい、動きたい、眠りたい、スッキリしたい人のための情報まとめサイト

朝はスッキリ目覚め、大地を踏みしめてゆったりと散歩。昼間は元気に動き回り、夜はグッスリと安眠。いつも心の安定を保ち、楽しく笑って過ごしましょう。

ドーパミンもセロトニンもアミノ酸が原料です。

人が心と体のバランスを保つためには神経伝達物質のドーパミンとセロトニンが必須です。どちらが多くても少なくても健康を維持しにくくなります。
そしてこの二つはアミノ酸や必須アミノ酸を材料にして体内で合成されるので、食事でこれをしっかりと補わなければなりません。

 

神経伝達物質

 

人は必須アミノ酸のフェニルアラニンとアミノ酸のチロシンを材料にして体内でドーパミンを合成します。フェニルアラニンは必須アミノ酸なので人体では合成できず食物を頼りにそれらから吸収するしかありません。一方、チロシンはアミノ酸なので食物を分解して体内で合成することができますし、食物から直接吸収することも出来ます。

 

体内に吸収されたフェニルアラニンとチロシンはいったんLドーパに合成されて脳内に届きそこでドーパミンになります。また、人は必須アミノ酸のトリプトファンを食物から直接吸収して体内でそれをセロトニンに合成します。

 

ドーパミンもセロトニンもその材料が脳に届いて、そこで合成されてこそ神経伝達物質として機能することができます。特にセロトニンのほとんどは腸で合成されてしまうために脳に届くことができず期待される機能が果たせません。

 

なお、セロトニンは安眠を司るメラトニンの分泌を促がすとても重要な働きもします。人は十分な睡眠が取れないと大きく体調を崩すことが知られています。

 

ムクナ豆

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗